vs下馬ツイスターズ | 敗戦濃厚 “から〜の” 逆転サヨナラ勝利!


 

○2011/04/10(日)3x-2 vs下馬ツイスターズ@連盟春季1回戦

世田谷連盟春季1回戦、今季初先発の林は立ち上がりからコントロールが定まらず、苦しい立ち上がりとなった。

それでも要所を締めて無失点で切り抜けたが、3回2四死球とエラーで2点を先制され、嫌な試合展開となった。

5回までノーヒットで無失点に抑えられ敗戦濃厚であったが、最終回久田見の2ランが飛び出し、

土壇場で同点にし、延長サドンデスに持ち込んだ。

一死二三塁から始まる延長戦は、先攻下馬ツイスターズのスクイズエンドランを外し、

無得点に抑えると、 その裏ペンギンズもスクイズエンドランを敢行、

大石の打球は前進守備の内野の頭を超え1点を奪いサヨナラで2回戦に進出した。

この試合は、ゲームの流れが終始相手チームにあったが、

4回から登板の桑原の踏ん張りで追加点を与えなかったことが勝因と言える。

久田見 同点2ランホームラン

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

1 Comment

  1. PENGUINS

    今日はいい所で回ってきてラッキーでしたわ。
    フライで危ない当たりやったから嬉しさ半減やけど。
    とりあえず反省で10Km走ってきた。

コメントをどうぞ