vs 東京バンバータ | 鯛を逃がした><。。。強豪相手に善戦!


2011/04/17(日) 神宮外苑
vs東京バンバータ@オープン戦
1-4 敗戦!

サンスポ、マルハンなどの大会で常に上位に勝ち上がる強豪、東京バンバータさんとのオープン戦。
先発は、今シーズン無失点の須山が登板。
序盤からバンバータ強力打線を相手に要所を抑えるピッチングで無得点で進む。
ペンギンズ打線は、再三得点のチャンスを作るが、あと1本が出ず得点を奪うことができない。

0-0で迎えた6回、二死から大石が内野安打で出塁、
続く3番蔵本の打球は深い守備を敷いていたセンターの前に落ちヒット、さ
らにその打球の処理をもたつく間に大石が一気にホームまで突き、先制点を奪った。

そして最終回、先頭打者の打ち取ったあたりは、バウンドが高くショートの頭を超えヒットに。
さらに盗塁、送球エラー、パスボールと続き同点にされ、
ここからバンバータ怒涛の攻撃にあい4失点で逆転負けを喫した。

6回まで、集中して粘っていたのだが、最終回相手打線のプレッシャーに浮き足立ってしまった。
通常ならやらないような単純な送球ミス、捕球ミス。。。
プレッシャーのかかったときに、単純なプレーをいかにそつなくこなせるかが、
今後チーム力を上げるには必要と感じた。

東京バンバータさんの勝利に対する強い姿勢は、非常に勉強になり、
それを実感することができたことは、意義のある敗戦だったように思う。

敗けは悔しいけど、試合はめっちゃ楽しかった!!

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. 非常にいい経験になりましたね。
    最後はまさに力負け。
    あれだけの実力者が貪欲に真剣にやればそりゃ強いですよね。
    ペンギンズも負けじと良いチームにしましょう!

    • この間の試合で、みんな何かを感じ取ってくれたみたいだね。
      これで変われれば、良い敗戦だったと言える。
      逆に勝っていたら、何も変わらなかったかもしれない。

コメントをどうぞ